FC2ブログ

自分たちで造りあげる家の記録~北の国から | 元建築屋、現在エネルギー関係の39歳が自分の家を建てる記録です。

引っ越し1周年!

さて、本日で引っ越してきて1周年!

こちらが引っ越し当日のブログです。

http://iiie2014.blog.fc2.com/tb.php/82-b742e851

まあ実は当日のことはあまり覚えてないんだけど、引っ越してからもけっこう作業してたし、実感はないかな。

でも大きなトラブルはなく、細かなトラブルも自分で処理するので、業者さんもそんなに来てないし。

床下暖房も、床下換気も、庇のパッシブデザインも、思った通りいってます。

これが何よりよかったことです。

自画自賛ですがほぼ狙い通りに行くことなんてないから。

さあ、今年も色々頑張りましょう!

スポンサーサイト



Posted by 父たか on  | 0 comments  0 trackback

家を建てると言うこと・・・(5)

自分は建築の世界に10年いて、知り合いや知識もそれなりに持っていると思う。

そしてこんな性格の自分が自分ですべてやってみようと思うのはふつうだろうな。

というわけで2級建築士の資格を持つ自分はせっせと毎日住宅の設計を自分でしているわけです。

新しい技術や考えは少しづつ勉強し、自分のいいと思った事を最大限取り入れてみようと思います。

その記録を残して少しでも誰かの役に立てれば。自分の記録として残ればと考えております。

Posted by 父たか on  | 0 comments  0 trackback

家を建てると言うこと・・・(4)

そう、2011年3月11日・・・

あの日日本中がその自然の驚異と底知れぬ不安に陥れられた。

正直北海道札幌市では大きな被害もなかったが、テレビから映し出される惨状に言葉を失った。

そしてその恐怖の冷めやらぬうちに原子力発電所の事故というさらなる脅威が襲ってくる。

原子力発電所について、あるサイトで恐ろしい設備だと認識してた自分は、まさかその惨状が本当に目の前で起こる

その恐怖は今でも忘れない。

そしてこの日から先生の手助けで、自分はエネルギー問題の世界にどっぷり足を踏み入れてしまった。

先生と一緒にソーラー蓄電型電源システム『POWER SOURCE』を完成させ、その縁で今は北海道のエネルギー会社で、太陽光発電の仕事をしている。

こんな激動の3年間はなかった。

そしてその思いと今までの知識を駆使して、仕事が安定した今年ついに家造りをスタートさせたわけです。

Posted by 父たか on  | 0 comments  0 trackback

家を建てると言うこと・・・(3)

最初に家を建てる計画をした数年前は、チビもまだ小さくて多少は地域を選ぶのも自由だったかもしれないが、

やっぱり住み慣れた環境が一番なんだろうね。子供たちも友達いるし。

というわけで結局は家の近くの中古住宅探しから始まった。

中古住宅といっても、自分でいじれるもんだから中途半端なリフォーム物件は全く目もくれずにボロボロの土地代

程度の物件探しをした。

でも問題なのは土地の条件と奥さんができあがりのイメージを持つことができないことだった。

フルリフォームなんだから骨組み以外は新品になるとわかっていても、いざボロボロの家を見るとテンションが

一気に下がる。

そりゃそうだ、そういう仕事何度もしてきた自分もさすがに最初の状態の時は正直ビビる。

そうして時間が過ぎたときに、そうあの日が来た。

Posted by 父たか on  | 0 comments  0 trackback

家を建てると言うこと・・・(2)

33歳で家を建てると言うことと38歳で家を建てると言うことは当然設計も違うと思う。

若いときは子供も小さくその後の20年を考えるとまだまだだけど、今の20年後は一番チビがもう27歳。

家にいるのかどうかってとこで。

それなのに独立した長女も含めそれぞれの大きな部屋を用意するより、彼らが帰ってきたときとかの考えになってくる。

そうすると総2階で大きな部屋を4部屋取るいわゆる建売な間取りは必要なくなる。

自分も建築で見てきたがどうせ2階は使用しない空間になってしまってるので。

そうすると自分たちがこれから建てる家は

①将来のことを考えて1階にリフォームで2部屋作れる

②2階は極力小さく

という設計になっていきました。

Posted by 父たか on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。