FC2ブログ

自分たちで造りあげる家の記録~北の国から | 元建築屋、現在エネルギー関係の39歳が自分の家を建てる記録です。

3日目にして初遭遇!

さて、遅くなりましたがドアからチラ見対面を果たしたののとたま。

よかったよかったとドアをちょっと開けたまま皆仕事や学校に出かけます。

そして帰ってくるとなぜかドアは全開!

おそらくたまがこじ開けたらしい。ののは奥のクローゼットでうずくまっておりました。

そしてその日の夜、ののが2階の隔離した部屋から出てきます。

感動の初遭遇動画第1話



ちょっと長いですが第2話。


と言うわけで初遭遇は喧嘩もなく、無事終わりました。

この動画の時、うちの娘はうれしくて涙こらえてじっと見てました。

その後1週間、まだ家族には全然なつかず、定位置のベッドの下に隠れて、静かになった夜に時々下りてきては家の中を探索する。

もう少し慣れるまで時間かかりそうです。

スポンサーサイト



Category :
Posted by 父たか on  | 0 comments  0 trackback

ののの話~たまとご対面!

さて土曜日に我が家にやってきたののですが、初日はドアを閉め切り家に慣れさせました。

日曜はちょっと空けた隙間から面会に成功。




ちょっと慣れて外に出たがって開けてあげたらキャットタワーから顔を出してすぐ戻っていきます。うえからたまを確認。



でもたまもののもニャーニャーうるさいのでお互いの存在は認識したよう。

ちょっと早い気がしたけど次の日の朝少し開けたドアから初対面!



特に威嚇もなくすんなりと終わりました!ののも攻撃的ではないし、たまも大樹で猫に慣れているのか問題なし。

いやあ、とりあえずよかった、よかった!

まだ家族には警戒しているけどたまは大丈夫のようです。

そしてこの日の夜はもっと凄かったので時間出来たら動画もアップしますね。


Category :
Posted by 父たか on  | 2 comments  0 trackback

換気の話・・・2

先日の続き。

2階のトイレの換気扇に低消費電力のこちらを設置


Panasonic XFY-24JDK72/56


強運転で回しても4.8W。しかも我が家では夜と暖房の立ち上がりのみの運転としています。

24時間換気といってもその計算上の数字は結構な換気量なので暖かい熱を逃がしてしまいます。

我が家の場合は換気扇を回すと基礎内の空気をガラリから引っ張って上がってくるので夜から朝方につけています。

そして給気口はこちらから基礎の中に空気を入れます。




防虫網と雪で埋もれないよう立ち上げております。

まだ壁への固定もしていませんが。

その空気を部屋の真ん中に引っ張ってそこに暖房機1機おいて冷たい空気を暖めてから各ガラリより1階に上げていきます。



サンポット 床下放熱器



ガラリもサンポット純正品、樹脂ですが開口も大きく作れ強度もあり乗っても大丈夫です。

通常の第3種換気だと各部屋の外壁に給気口を作りますが、そこから冷たい空気が入ってくるので寒いですよね。

うちの設計だと直接寒い空気が入らず、一度基礎で温められて部屋に入るのでその心配がないんです。

換気量の話しますが実際住んでみて息苦しいとかも全くないですし、結露は2階の息子の部屋のみ。

水周りの上なのと休みでずーっと家にいるので。

それ以外は換気止めても問題ないですし、夏はどうせ網戸で開放するので換気の必要はありません。

あ、ちなみに2階の各部屋は空気がこもらないように1階から通じる空気の通り道を作っています。



設計するときは過剰な換気設備はいらないかなと思います。

断熱・気密工事をきちんとして、きちんと換気計画を行えば快適に生活できますよ!

Posted by 父たか on  | 0 comments  0 trackback

新たな家族がやってきたー!

本日、我が家に新しい家族がやってきました!

家も広くなったし、猫をもう一匹・・・と言うことで、先週にゃん友ネットワークという里親募集の譲渡会に参加してきました。

にゃん友ネットワーク

すぐ決めるつもりはなかったのですが、一匹の猫に娘がぞっこん。

名前はのの、4歳のメスです。ずーっと奥の方で丸まっておりました。



その場でトライアルの申し込みをしてきました。

うちはたまがいるので仲良くなれるかのお試し期間をお願いし、様子見て仲良くできればそのまま飼うということで。

本日我が家ににゃんこがやってきました。

うちのチビ助はもう張り切ってまして粘土で2匹を作っておりました。



譲渡に来た方々も絶賛してましたよ。

というわけで私の寝室に慣れるまで居させるとのことでトイレやご飯をセット。



ご飯の台は余った材料で作りました。



そして肝心のののちゃんは・・・



ベットの下に入ってでてきません(涙)

まあ、たまも連れてきたときはこうだったからしょうがないか。

ちなみに部屋から誰もいなくなると出てきてご飯やらベッドで寝たりしてるようです。

元気そうで良かった、あとはトイレちゃんとしてくれればいいんだけど・・・。

でも寂しいのか凄く鳴いてるので、たまが気になってしょうがないようです。階段の上を眺めてます。



1~2日は家に慣れさせるため部屋にて隔離、ゆっくり進めてたまとの面会も慎重にしようと思います。

Category :
Posted by 父たか on  | 0 comments  0 trackback

換気の話・・・

今日は換気の話を。

今の日本の建築基準法では科学物質での体への影響を考えて1時間あたり0.5回という換気量による24時間換気が義務づけされています。

昔の家は隙間風も多くそんな問題もなかったが、断熱と共に気密性能が格段に上がった現在の住宅は空気の入替も設計しなければならない。

この換気の出始めの頃、寒い空気をどんどん引っ張る24時間換気で北海道の冬は極度の乾燥が起こり、自分も走り回りました。

ひどい家では集成材の階段がすいたり歪んだりする。北海道にはこれは向かないんではないかと思いました。

今は皆この問題を知っているのでスイッチを設けて任意でお客さんが切ることが出来るようにしています。

また最近の高断熱省エネ化に伴い、次世代省エネ基準というのを設定、Q値(熱損失係数)を計算します。

次世代省エネ基準

このQ値が1.0を切る住宅が札幌市ではトップランナーと言われていますが、これを達成するためには熱交換ユニットの設置が必須となります。

通常新鮮な空気を入れて換気扇で吐き出すと、暖かい空気が逃げてしまい無駄だとの考えから、出て行く暖かい空気で入ってくる冷たい空気を暖める。

そうすれば無駄なエネルギーロスがなくなるってことです。

でも、熱交換機は技術は進化していくとは思いますがメンテナンスや計画性、そして動かす電気代がかかるのです。

熱のロスを少なくするために結構な電気を使用する。しかも止めると換気が出来ないので気軽に止められない。

というわけで我が家では採用しておりません。

でも通常の24時間換気だと確かに過乾燥や部屋の換気口から寒い空気が入ってくるのであまり良くない。

そこで自分が建築屋時代に最後に関わったのが「パッシブ換気」です。

パッシブ換気とは基礎断熱の基礎内に空気を取り入れ、基礎内に暖房を設置して空気を上昇させます。

空気の流れを計算してくまなく空気を回して、最上部に電気を使わない煙突型の排気で自然に空気を逃します。

パッシブホーム、パッシブ換気システムブレース工法

このシステムは非常に魅力的でした。

しかし知ってはいますがそんな設計を頼むお金もないし、まして空気がうまく回るのだろうか・・・。

そんな時に実際にこのシステムを採用している設計の先生に相談した時、「上の換気を通常の換気扇で引っ張れば問題ないよ」と助言をもらいました。

そこで我が家では自然対流のパッシブ換気ではなく、床下で空気を取り入れ2階の換気扇から排気するアクティブ換気(笑)を採用すると決めました!

この換気方法と床下放熱器が我が家の暖かい冬を実現しました。

続く

Posted by 父たか on  | 0 comments  0 trackback

たまの話

我が家のたまは誰よりも早く起きてご飯をくれとニャーニャー騒いでおります。

でもチビ助にたまを慣れさせるためにご飯をあげるのは彼女の役割にしているため、彼女が起きるまでご飯食べれません。

そんな彼は本日の朝もえさの前で必死に訴えておりました(笑)。いい表情です!



そんな中我が家のソファーがだんだんボロボロになってきたのでついに爪研ぎ防止シートを貼りました。



もう格好も何もないが、爪研ぎ場所になってるのでしょうがありません。

貼ったのはダイソーのこちら



彼ももう新しい家にも慣れて悠々自適な生活を送っております。

寝床はソファー横のある方からいただいた高級な椅子でございます。



でも我が家に新しい猫が来たらまた興奮で落ち着かない日々が始まるんだろうなぁ。

それにしても先日行った円山動物園の虎と寝方が同じだ。






Category :
Posted by 父たか on  | 0 comments  0 trackback

3.11

本日は3.11、4年前の震災の日。

多くの人の人生が変わったように、あの日から自分の人生は大きく変わったのかもしれない。

建築の仕事をしながら恩師の先生に出会い、全く異色のエネルギーの世界にはまりこみ一緒に蓄電池を開発。

そしてその縁で今の会社で働くことになった。

太陽光、石油製品と続いて、つい先日入社2年で実に3つめの部署に異動になった。

それは自分がもっともやりたかったことに近づいた。

これから困難もあるかもしれないが、最大限力を発揮しようと思う。

そして3.11の今日は、この人の誕生日でもあります。




もう9歳です。

ブログを書こうと思ったら近くに寄ってまいります。

Category :
Posted by 父たか on  | 0 comments  0 trackback

ダイニング~壁掛TV

さて北海道札幌は12月から大雪に見舞われ今年はどうなることかと思ったのですが、

1月中旬の大雪以降バッタリと雪が止まって、明日は最高+7°!

まあ除雪の心配がないのは良かったですが、その仕事をしている人たちは大変なんだろうな、と。

定期的に排雪を行う年契約をしているお宅は、2回くらいで今シーズンは終了しているそうです。

そんな我が家もそろそろ外構計画ということで、本日は雪割りを敢行!




しかし雪がなくなると泥が現れて汚い・・・ということで毎日外構計画を練っております。

さて今回は我が家のダイニングを公開!

うちはキャットタワーの下のTVがメインなのですが、そんなに離れていないダイニングでご飯を食べるとそのTVがほとんど見えない!

1階平面図(TV)

とのことで、工事の際にダイニングの横に壁掛けのTVを設置する計画を立てました。

TVは以前息子の部屋で使っていたORION DN243-1B1  24型の液晶TVです。

そして金具はこちら

壁掛けのTVにちょうど隠れるようコンセントとTV配線を作っておいたので・・・





ばっちり収まっております!

でもこの高さや位置を何もない建築中に設計するのが不安でしょうがないのですが・・・

これがバッチリ決まったときの気持ちよさがたまらないんです!

でもほんとはコンセントの位置をTVの左側に持ってくればリビングから配線がほとんど見えなかったのでよりよかったかも。

ちなみにこのTVがメインのTVより見ている気が・・・。

豪華に見えますがTVは2万くらいで安いし大きくないので消費電力も少ない。

金物は1000円ちょっと。設計さえちゃんとすれば非常にオススメですよ!

Category : WEB内覧会
Posted by 父たか on  | 0 comments  0 trackback

ランニングコスト2015年2月

2月の検針、給油が終わったのでさっそくランニングコストを公開します。

一応今後は月初めの検針、給油に切り替えたのである程度日数が揃うと思うのですが、

今月は28日、灯油は24日分です。

■電気
重量電灯B 契約20A・・・一般電灯
使用電力 245kWh
請求金額 7,255

■プロパンガス((株)エネコープ)・・・ガスコンロ、ガスオーブン
ガス使用量 2.3
請求金額 3,098

■灯油((株)エネコープ)・・・暖房、給湯
給油量 206.4㍑ (灯油単価77円)
請求金額 15,892

請求額の合計は26,245円です。

さすがに日数少ないので支払いの金額も少ないですね。

今月電気が多かったのはちょっとTVを見る時間が多かったのと、息子が学校がなかったので家でゲーム三昧だったからかなと。

それにしても4月からは電気代が前回ほどではないが再値上げを控えているので大変ですよね。

我が家はご飯を炊くのもガスで炊いたり、照明やスイッチの配置など、割とストレスなく節電できるよう設計しています。

あとは灯油代が基礎が暖まる来年どれくらい落ちるか。

灯油の安さは底を打った感じなので今は格安期間だと思います。

基礎の中に暖房を設置している我が家の床下暖房では、1年目の今冬は基礎が暖まるまで灯油を使ってるのかなと。

でも朝、昼は21℃、夜は24℃とタイマーとサーモで自動で制御するので非常に快適ですよ。

ランニングコスト2月


Posted by 父たか on  | 0 comments  0 trackback

DIYな週末~玄関周り

今回のDIYは玄関周り。

まずは火曜の夜に壁へ鏡の取り付け。

ニトリで買ってきたウォールミラー(3000円くらい)を金具や紐を取って両面テープとコーキングで取り付けます。



一応落下防止で裏で上手く引っかかる位置にビスを付けておいて引っかけます。

 

先日洗面台周りで余ったコーキング処理してきれいに取り付けできました。

そして本日はその反対側。



上がり下りの為の手摺りは以前に取り付けていたのですが、そろそろ材料も整理しないと物置も狭いぞって事で・・・



工事の時に2枚余っていたのをもらっていた階段の踏み板を使って靴を履くベンチを作ることに!

まあ、ホントは手摺りに合わせてタモの集成材でやればかっこいいんだけどお金もかかるのであるもので作ります。

まず丸ノコとペーパーで角を丸く加工します。

 

小口をペンキで塗装し乾くのを待ちます。足の部分はもう一枚でカット。



玄関はいってすぐの目立つ場所なのでビスは極力使わずにダボで組み立てます。

今回の追加材料費はこのダボ6円×4で24円なり。

これを設置すれば・・・


↑ビフォー
↓アフター
 

大工さんからもらった階段踏み板ですが、サイズは240×1000×30と他の棚板には厚いし奥行きも狭くて使えない。これがようやく陽の目を見ました。

よかったよかった!





Category : DIY
Posted by 父たか on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。