FC2ブログ

自分たちで造りあげる家の記録~北の国から | 元建築屋、現在エネルギー関係の39歳が自分の家を建てる記録です。

換気の話・・・2

先日の続き。

2階のトイレの換気扇に低消費電力のこちらを設置


Panasonic XFY-24JDK72/56


強運転で回しても4.8W。しかも我が家では夜と暖房の立ち上がりのみの運転としています。

24時間換気といってもその計算上の数字は結構な換気量なので暖かい熱を逃がしてしまいます。

我が家の場合は換気扇を回すと基礎内の空気をガラリから引っ張って上がってくるので夜から朝方につけています。

そして給気口はこちらから基礎の中に空気を入れます。




防虫網と雪で埋もれないよう立ち上げております。

まだ壁への固定もしていませんが。

その空気を部屋の真ん中に引っ張ってそこに暖房機1機おいて冷たい空気を暖めてから各ガラリより1階に上げていきます。



サンポット 床下放熱器



ガラリもサンポット純正品、樹脂ですが開口も大きく作れ強度もあり乗っても大丈夫です。

通常の第3種換気だと各部屋の外壁に給気口を作りますが、そこから冷たい空気が入ってくるので寒いですよね。

うちの設計だと直接寒い空気が入らず、一度基礎で温められて部屋に入るのでその心配がないんです。

換気量の話しますが実際住んでみて息苦しいとかも全くないですし、結露は2階の息子の部屋のみ。

水周りの上なのと休みでずーっと家にいるので。

それ以外は換気止めても問題ないですし、夏はどうせ網戸で開放するので換気の必要はありません。

あ、ちなみに2階の各部屋は空気がこもらないように1階から通じる空気の通り道を作っています。



設計するときは過剰な換気設備はいらないかなと思います。

断熱・気密工事をきちんとして、きちんと換気計画を行えば快適に生活できますよ!

スポンサーサイト



Posted by 父たか on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://iiie2014.blog.fc2.com/tb.php/100-08424b58
該当の記事は見つかりませんでした。