FC2ブログ

自分たちで造りあげる家の記録~北の国から | 元建築屋、現在エネルギー関係の39歳が自分の家を建てる記録です。

D.I.Yな週末~犬走砂利①

今週土曜は先週草刈りと整地を終わらせた家の西側、北側にビリ砂利を敷きます。

犬走り砂利とは家の周りに敷く砂利で、屋根から落ちた雨水が地面に落ちて泥が跳ねて基礎や家が汚れるのを防ぎます。

本来は家の完成後に最初に施工するものなのですが、我が家は冬に完成と引き渡し、しかも裏の畑との土留め工事がまだだったので、自分達でやることになりました。

土留めブロック、正面のアプローチや自転車小屋の床などがようやく終わったのでようやく取りかかります。

先週整地した場所の塩ビ管は出っ張ったままなのでまずこれをディスクサンダーでカットします。



刃はレンガカット用のものがついてますが塩ビ管は柔らかいのでこれでカットします。





次は防草シートを敷きます。先ほどカットした塩ビ管の上は十字に切れ目を入れてグッと押し込みます。





障害物部分は丁寧に防草シートをカットしながら防草シート敷き詰め完了。

西側↓



北側↓



防草シートはグラスガードUGとザバーン136G。アスファルト屋さんが半端の残ってたのをくれたので助かりました。

2種類のスギナへの効果も試せるので一石二鳥です。

ちなみに防草シートは固定ピンは使っていません、ビリ砂利を乗せれば動かないでしょう。

防草シートを敷く前に汚れた基礎と壁は洗い流しています。

ここからはビリ砂利を一輪車で運んで奥さんにレーキで馴らしてもらいます。



フラフラになりながら西側北側完成です。





北側は一部土を残して何か植えれるようにしときました。

日曜は土砂降りだったので2階から確認。



雨水はしっかり砂利に落ちて基礎も汚れておらず一安心。

北側のビフォーアフター



KIMG0121[2]







今回の工事は、もらい物やサービスで材料を用意したのでお金はかかっておりませんでした。

続きは次回


スポンサーサイト



Category : DIY
Posted by 父たか on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://iiie2014.blog.fc2.com/tb.php/148-d0558d8b
該当の記事は見つかりませんでした。