FC2ブログ

自分たちで造りあげる家の記録~北の国から | 元建築屋、現在エネルギー関係の39歳が自分の家を建てる記録です。

デザイン~コンセプト

さて自分の自宅を設計となった時まず何を考えたか・・・それは暖かく涼しい快適な家。

まあ、それは誰でも考えることだと思いますが、そこで予算と理想がぶつかり合い非常に辛い思いをしました。

自分はできるだけ小さな家を造ることで暖房費を少なくしたかったのですが、奥さんは憧れのマイホームが狭く我慢するのが嫌らしく毎日格闘しました。

その中で1階を広くする代わりに2階を極力小さくするという妥協点となり本設計がスタートしました。

しかも10何年間関わった木造住宅では自分はほとんど無落雪屋根しか設計してくなかったのですが、

ログハウスが最初の就職先だった自分には、三角屋根って憧れがあり…

雪の問題もあろうが、設計した図面がこちらです。

立面図

南西向きの間口の広い日当たりのよい土地に思いっきり屋根を向けてやりました。

しかも、軒を出すことで夏の日差しを遮り、しかも痛みやすい南側外壁を守る。

でもこんな家見たことないよなぁと思ってたのですが、ありました!

北海道開拓の村にある昔ながらの建築物です!

昔の家って合理的だったんだなぁと思いつつ、これで行こうと決めたのでした。

矩計図

この矩計図のフォルムが自分の今回の最大の自慢です。

このフォルムって素敵ですよね?ね?

スポンサーサイト



Category : 設計雑感
Posted by 父たか on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://iiie2014.blog.fc2.com/tb.php/58-c8741a18
該当の記事は見つかりませんでした。