FC2ブログ

自分たちで造りあげる家の記録~北の国から | 元建築屋、現在エネルギー関係の39歳が自分の家を建てる記録です。

暖房の熱源は?

エネルギーの話は震災後ずーっと関わってきた事で、自分の家を建てるなら是非このテーマを色々検証したいなと思っていました。

今回は北海道の新築のエネルギーで大きな比重を占める冬の暖房の話を。

北海道は半年暖房に大きなエネルギーを使う。なので熱源を何にするのか?何が効率的でランニングコストが安いのか?

自分が最初に就職したログハウスでは薪ストーブ。居間に置いた圧倒的な存在感は憧れでした。

大工、現場管理と木造住宅に関わった当初は、ほとんど灯油の温水セントラルヒーティング。

そして突然襲ってきたのがオール電化住宅。安い電気と安全な電気は当初魅力的でした。

でも吹き抜けや大空間ではなかなか暖まらず寒いと言われました。

その後オール電化一人勝ちの時代を経て、あの震災を迎える。

原発事故からの原発停止と電気料金の大幅値上げ。

そしてオール電化住宅から一気に切り替わったのがエコジョーズのガス暖房。

今は新築のほとんどがガス暖房となったみたいでその勢いはかつてのオール電化住宅を彷彿とさせます。

そしてこの3ヶ月で一気に下落した灯油価格。

もう何がいいのかと仕事でも相談をうけます。

自分の考えは家を温めるエネルギーは何にしても同じ。

断熱と気密をきちんと施工してもらうことでその暖めるエネルギーをどれだけ小さくできるのか?

どうやって運用するべきか?を考えるべきだと思います。

電気で暖房なんて非効率で論外だと思うけど、都市ガスの供給地域では都市ガスの価格設定が安いと思うし趣味も兼ねて薪ストーブを楽しむのもいい。

でも我が家は灯油のセントラル暖房、しかも暖房機を基礎内に置く床下暖房。こちらはまた今度話します。

灯油を選択した理由は化石燃料だが北海道では配達のインフラもできていて何より立ち上がりも早い。

都市ガス供給地域ではないのも理由ではあるが、その暖房エネルギーは実証済。

さらに化石燃料をできるだけ使わないように今回は給湯、暖房共に排熱を利用し熱効率をアップさせた高効率石油暖房エコフィールを採用しています。

こちらのデータや実証がなかなかネットでも見つからないので、こちらで我が家のデータを公開しようと思います。

都市ガス、LPGのエコジョーズ、灯油のエコフィールは今後効率的なエネルギーの使い方の基礎になるでしょう。

ではまた次回。

スポンサーサイト



Posted by 父たか on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://iiie2014.blog.fc2.com/tb.php/89-dbf0ba6b
該当の記事は見つかりませんでした。